解消できる

補聴器1

補聴器は小さい音を大きな音で聞くための道具であり、現在のような一般的な耳につける補聴器になるまでに色々なものが開発されていました。歴史上最も古い補聴器は人類が誕生して間もなく開発されたと言われており、当時は動物の角や貝殻のほか木片などを利用して小さな音を大きく聞き獣などの気配を知るために使われていたと考えられています。聞こえが悪くなった人が利用するための補聴器が膿まれたのは1500年頃だと言われており、当時はラッパ型補聴器と呼ばれるものでした。これが1800年代に入ると電池を備えて小型化され持ち運びやすい大きさに変化します。1980年代になるとデジタルによって音の大きさを選んだり、騒音を小さくする機能があるデジタル補聴器が開発されました。

補聴器は色々な機能を持ったものが日々開発されています。最近では高齢者が使いやすいタイプが多くなっています。しかし選び方は人それぞれで、自分のライフスタイルにあった選び方がマストだと言えます。最近では防水機能を持ったものが開発され、入浴やランニング中に使用できるものが登場しました。また活動的な高齢者が増えたことで耐久性が向上したものも多くなり、耳掛けタイプのものは特にデザイン性を重視したものも開発されています。女性に多い選び方はデザイン性を重視したもので、和装にも合わせやすいものが人気です。男性に多い選び方は機能性を重視したもので、熱や湿度にこだわる人が多いようです。今後はより高齢化が進むため補聴器メーカーはより高性能かつデザイン性や機能性に富んだ製品を開発していくと予想されます。