気にしない

補聴器2

人は誰もが他人と適切なコミュニケーションを行うことによって親密な人間関係を構築していきます。コミュニケーションの手段として会話は特に重要ですが、人体器官である耳が悪いという人もいます。しかし、音を聞くことに不自由をしていても、補聴器を使用することで健常者と変わりない生活が送ることも可能です。現在の補聴器はデジタル技術の進歩によるコンピュータ制御の導入が進められているため、補聴器の価格帯は上昇傾向にあります。しかし、高価格帯の補聴器は確かに高品質・高機能ですが、補聴器の選び方として価格に頼ることは適切ではありません。補聴器が精密機器となっても使用者に合うとは限りませんから、選び方において使用目的等を十分に考慮して選ぶ事が大切です。

人のコミュニケーション手段として音は重要です。発声による会話は勿論、音楽等も有効なコミュニケーションの手段であることは現在の私達には自明のことですが、この重要性は人類が生まれてから変わらない事実です。補聴器として古代から動物の骨や貝殻、木材を加工して利用されていましたが、文明の発達と共に材質の選び方は多様化して中世頃には金属加工技術の進歩によりラッパ型補聴器が使用されるようになりました。しかし、音量と小型であることが補聴器の選び方として重要であることから電子工学の進歩により電池式にした小型化・音量調整が図られました。20世紀後半になると耳かけ型、更に耳穴型が開発され、21世紀になった現在はデジタル技術の導入が進められています。